夢の探索人
拍手=同志の挙手。同意の肯定。もしくはぱちぱちと手を叩くこと。みなぎります。

ホームページ


※スマブラX、ウルデラ
ネタバレ解禁中



Twitter



Wi-Fi

スマブラX

キャラクター=オリマー、リュカ、ゲムヲ
好きコース=すま村、カービィステージ
苦手コース=スクロール、巨大ステージ

猪突猛進、レバガチャ上等。
レベルはふつうからむずかしい。

マリオカートWii

フレンドコード=1934-0951-1630
キャラクター=ベビィマリオ・ヨッシー
好きコース=DKスノボ、虹道
苦手コース=ヘイホー

Skype
ID:yumekaze-aya



最近の記事



最新コメント



カテゴリー



マクロミル

アンケートお小遣いサイトです。
誰でも簡単に貯められるのでお勧め。
マクロミルへ登録



リンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オフ会について

わたしは、過去にオフ会には三人の方をお誘いし、三人の方から誘われたことがあります。
前者は二人から許可を貰い、後者は一人からの誘いをOKしました。
今年の十二月までの時点で、わたしは累計三人の方とのオフ会をしていることになります
(注:同じ方と数回お会いしているものは同カウントとしています)。
ネットの人とオフで会うということは、簡単に、生半可な気持ちだけで決めるものではありません。
少なくともわたしにとっては、ネット関係を維持するにあたり、オフで会うということが一番大きいです。
これに関しては、最低限の条件がいくつかあります。
勿論何度も申します通り、これはあくまでわたしの主旨です。他の方は他の方、勘違いなさらないように。

まず一つ目は、女性である事。
決して男性を差別しているわけではありませんが、オフで会う以上、どうしても異性の方だと抵抗があります。
ネットでは普通に接する事はできても、実際会うとなると難しい問題です。以前これを理由に御断りさせて頂きました。
二つ目は、年の差。
愛があれば年の差なんて云々と自分で言っている者ですが、オフ会であまり年が離れた方とご一緒するのは、またちょっと難しくなります。
また、あまりという基準がわたしは案外低く、理想的なのは同じ年からひとつ上下で、離れていてふたつ上下、くらいまでです。
それ以上離れられると、どうしてもお会いして大丈夫かしら、という不安が脳を過ります。
三つ目は、交流関係。ある意味これが一番重要かもしれません。
まだネットで知り合ってから間もない方。チャットの同席やメールのやりとりが少ない方。
少なくとも、お会いしてから約一年は経たないと、オフでお会いするなんてことはできないと思います。
これを理由に、以前誘われたオフ会をお断りさせて頂きました。
ちなみに自分からお誘いして駄目だった理由は、その人はどんなにネットで親しくなった人でも、ネットの人とは一生現実で会うようなことはしない、と固く決めていらっしゃったので。
でも、断ったからといってあなたのことが嫌いな訳じゃない、むしろ好き。これからもネット上では親しい間柄でいてくださいと返されて、むしろ嬉しくなりました。有難う御座います、とわたしも返しました。

そういうものなのです。ネットと現実というものは。
きっぱり会わないと決めつけている人もいれば、こんなわたしのように条件を付けず、軽い気持ちで会う人もいます。
ただし、全ての条件に置いて、〝例外〟というものは存在します。
もしわたしが会いたくて会いたくて仕方のない人が、男性だったら?
もしわたしが会いたくて会いたくて仕方のない人が、十歳年上だったら?
もしわたしが会いたくて会いたくて仕方のない人が、一年どころか半年も経たないうちに会いたいと思ってしまったら?
そしたらそれは勿論、会いますよ。
そんな人がわたしの目の前に現れるなんて、一生ないと思っていたのですが。
分からないものですね、ネットの人生って。

以上、わたしのオフ会に対する概念でした。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。