夢の探索人
拍手=同志の挙手。同意の肯定。もしくはぱちぱちと手を叩くこと。みなぎります。

ホームページ


※スマブラX、ウルデラ
ネタバレ解禁中



Twitter



Wi-Fi

スマブラX

キャラクター=オリマー、リュカ、ゲムヲ
好きコース=すま村、カービィステージ
苦手コース=スクロール、巨大ステージ

猪突猛進、レバガチャ上等。
レベルはふつうからむずかしい。

マリオカートWii

フレンドコード=1934-0951-1630
キャラクター=ベビィマリオ・ヨッシー
好きコース=DKスノボ、虹道
苦手コース=ヘイホー

Skype
ID:yumekaze-aya



最近の記事



最新コメント



カテゴリー



マクロミル

アンケートお小遣いサイトです。
誰でも簡単に貯められるのでお勧め。
マクロミルへ登録



リンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さんみいったい

わたしは、スマックスに登場しているキャラの口調を、全員は知りません。
もちろん任天堂のキャラはゲーム上ではセリフのないキャラもいますから、
そういうキャラたちは各自での想像になるでしょうけど。
だけど、公式で一人称や二人称の呼び方があるんだったら、極力それに合わせたいんです。
小説を書くうえでは、原作を何よりも重視していきたいので
(個人的なカップリング要素の含まれる小説は別ですけれど)。

そういうことがありますから、スマブラシリーズの小説を書くのをためらっていたんですよね。
一応個人でキャラ設定とかありますけど、それも一部のキャラだけです。
設定で気に入っているのは、カービィ、ピカチュウ、プリン、ヨッシー、サムス、とかでしょうか。
最初にキャラ設定を作ったのが64のころだったから、みんな初代の子たちです。古い(汗)
サムスはゲーム未プレイなので、彼女がどんなキャラなのかは分かりません。

亜空の使者とか小説化したら凄そうだなぁ。
という気持ちだけで、亜空の某場面を勝手に小説化してみました。
好きな場面です。好きなコンビです。続きからどうぞ。

* * *

-Captains-


あの大きなロボットは、ピクミンたちのかなう相手ではなかった。
機械の体が動くと、小さなピクミンは次々と倒れていく。
オリマーはその事態にどうしていいか分からず、ただその敵の強さに慄いていた。

(このままでは、ピクミンが……。どうしたら……)

ロボットがオリマーのほうに標的を定めた。

「!」

震える体を押さえようとするが、止められない。
頭の中に数々の戦法が浮かんでは消えていく。
どの戦い方で挑んでも、きっと相手には太刀打ちできないだろう。
最終手段としてこの場から逃げ切る方法を考えようとしていた、まさにそのときだった。
そばにいた赤ピクミンが彼の背中をつつく。

「ん?」

赤ピクミンのほうを向くと、ピクミンはオリマーのうしろのほうを指差した。
オリマーは支持されるがままその方向に顔を向ける。
視線の先に、何か光るものが見えた。
それから一瞬でレーシングカーがやってきたかと思うと、
マシンを止めると同時に中から人が飛び出してくる。
その人物は、その勢いのままロボットに炎のこぶしを叩きつけた。

「ファルコンパーンチ!!」


ドガッ!


あれだけの数のピクミンが戦って倒せなかった相手にも関わらず、
彼はその敵をたった一撃で倒してしまった。
壊れたロボットは大きな音をたてて倒れる。
それと共に、男は両足を開いたままスライディングをするかたちで着地した。
その着地場所に、生き残っていたピクミンたちがいたということも知らずに。

「…………」
「やあキミ。大丈夫だったかい?」

オリマーは唖然として黙りこくっている。
そんなこととは露知らず、男は景気よく人助けをした気持ちでいる。
オリマーの無言に並び、男の言葉もそこで途切れた。
一時ふたりの間に微妙な空気が流れたあと、
オリマーはファルコンと名乗った男にピクミンのことを説明した。
ややへこみ気味でいるオリマーにファルコンが声をかける。

「そ、そんなに怒らないでくれ。次からは注意をするから」
「……もう、怒ってなんかない」
「そうか? いや、顔が怒っているように見えたものだから」
「怒っていないわけでもない」
「…………」

大切なピクミンを――意図的にやっていなかったとしても――、簡単に踏み潰されてしまった。
助けてもらったのだから、ここは許すのが当然というものだろう。
小さく首を振ると、オリマーはばつが悪そうにしているファルコンのほうを向いた。

「こちらこそ、悪かった。あなたはピクミンのことを何も知らなかったのだから。
 今度から気をつけてくれさえすれば、わたしはもう何も言わない」
「オリマー……」
「それから、……助けてくれて、ありがとう」
「……ああ」

彼は、背の低いオリマーに合わせて手を差し出した。
少し驚いた顔をしながら、オリマーもその手を握る。
軽く握手を交わすと、彼らはこの先の道を歩き始めた。



Fin.

------------------------------------------------------------------------

オリマーがファルコンと出会う場面です。
本編はギャグっぽいですけど、あえてシリアスに書いてみました。
故意にやったわけでなくても、オリマーも少なからずファルコンに怒りを覚えたのではないかと。
でも彼も優しい人だから、きっと許してあげると思います。

テーマ:スマッシュブラザーズX - ジャンル:ゲーム


この記事に対するコメント

こんばんは、風雪です。

SS見ました。
私もこのコンビが好きです!(特にオリマー)最初にあの場面を見たときは少し笑いが混じりながらも「あ~…」という感じになりました(笑
本編の方もこれくらいシリアスでいいと思います。

それでは。
【2008/02/21 22:19】 URL | 風雪 #DWyI/UD6[ 編集]

◆風雪さん
SS見てくださってありがとうございます!
このキャプテンコンビ、良いですよね~。はい、わたしも特にオリマーが(略)
あの衝撃的なシーンでは、微笑と唖然とつっこみとで、脳内では色々と大騒ぎしていました。
まあ、なんだかんだでこのSSのような雰囲気になってくれればいいな、と思いまして。
シリアスでもいけますよね。そう言ってもらえてよかったー!
それでは(^^)
【2008/02/23 10:16】 URL | 夢風彩 #IUCJBLMk[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。